南仏暮らしの記録 


by emileee
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Hotel du Castellet ☆☆☆☆☆ 宿泊記 

義両親が遊びに来た。

到着したその日は去年も招待してもらった
Hotel du Castelletへお泊り。
去年、プールで遊び、美味しい夕飯を頂、そしてルームサービスで頂いた
朝食が忘れられない次女、アリエル。
何かにつけ
「ホテルカステレ行きたい~。連れて行って~。」
なんて末恐ろしいことをこの一年間何度言われたことか。
庶民は頻繁にそんなところへは行けないんだってば!





今回のお部屋はVillaではなく、Junior suiteでした。
a0087065_621866.jpg

内装、ラベンダー色でとてもキレイでした。
ネスプレッソ、飲み放題でしたが、エスプレッソってそんなにたくさん飲めませんし・・・
到着してすぐと翌朝一杯ずついただきました。
家で飲むのと同じ味・・・

ティアナ(三女)がお昼寝をしていたので私と部屋で留守番している間、
ベルとアリエルは義両親と夫と共にプールへ。
もう二人とも大喜びでした♪

ディナーはレストラン、Le Monte Cristo ☆☆ を予約。
アペリティフはバーで。
涼しかったけれど、外で頂いた。
ティアナもしっかり参加。
a0087065_6243880.jpg




☆つきレストランに子連れはどうなのか?と思いあらかじめフロントで
聞いておいたけれど、OKとのお返事だったのでティアナもレストランへ。
去年と同じサービスの方々と1年ぶりの対面!
フランスなのに、1人もメンバーが変わっていなくて驚きました。

去年はフルコースを4時間かけていただいたけれど、
今年はメインだけで行こうと決めていた我々。
でもやっぱり前菜も頂きたくなり、Demi portion(半量)で
2皿注文しました。

アミューズ。
a0087065_6274768.jpg



ぐずるティアナをなだめながら頂こうとしていたら
サービスの女性が「抱っこしていい?」と言ってあやしてくださり、
おかげさまでゆっくり頂くことができたのには感激。
こういうトレーニングもされているのかしら?
フランスとは思えない。

ティアナをあやすことに食事に夢中になっていたので
今回は写真が少なく、お次はデザートの写真。
a0087065_631111.jpg



私が頂いたのはフランボワーズのデザート、繊細な味のハーモニーで美味~♪
ペロッと食べてしまうのは申し訳ないくらい手が込んでるのに・・・
子供達のフォンダンショコラは去年と同じでしたが、喜んで完食。

去年はコーヒーの前にギモーヴとヌガーを頂いたのですが、
今年はこんな盛り合わせでした。
a0087065_6354383.jpg



ヌガー、ショコラ、ピーチのシャーベット・・・・
その後サービスの女性が
「去年いらしてくださいましたね。覚えております。
現在厨房に日本人が一名いるのですが、見学されますか?」
とおっしゃってくださったので、厨房へお邪魔させていただきました。
シェフ自らで迎えてくれ、握手。
その後、日本からワーキングホリデーでいらしている
男性を紹介してくださり、全員で記念撮影。
あの美味しい料理の数々を生み出す厨房には
驚くほど多くの方々が働いており、そしてどこもかしこもピカピカに磨き上げられて
あまりにキレイで驚きました。
やはり、☆を持つというのはこういうことなのね・・・
一つ勉強になりました。

その後のコーヒーはバーに戻ってソファでくつろぎながら頂きました。
は~、まったり~♪

その夜、長女は義両親のお部屋に泊まりたい!と言ったので
1人お任せして4人で就寝。
我が家のテンピュールマットレスも寝心地いいけれど、
ここのベッドも寝心地よかったです。

翌日は私1人だけ前日フェイシャルと全身ゴマージュの予約。
時間まで全員でテニスコートを借りてテニスをした。
ベルとティアナがとても喜び、義両親も夫も楽しくプレイ。
a0087065_651598.jpg



途中で私は1人、スパへ。
至福の時でした。
顔も体もつるつるしっとりで夢心地でみんなと合流し、
プールサイドにあるビストロ、サンフェリーチェでランチ。
ここも昨夜と同じシェフが仕切っているようで、わざわざテーブルまで
挨拶しに来てくださった。
パニーニしか食べてなくてすみません!

今日も食後のコーヒーはバーで頂き、
テラス席でリラックス。
ミストラルが吹いていて肌寒いくらいの陽気だったけれど、
みんなでクッションたっぷりのソファでゴロゴロしながらリラックス。
遠くにわが町を見ながら・・・
a0087065_6535144.jpg




は~、幸せの一泊二日でした♪


そうそう、今回のビックリ事件。
私達の宿泊した翌日から隣のサーキットでイベントがあるとのことで
レース関連の方々が続々とチェックインしていた。
それも自家用セスナ機やフェラーリの四駆で続々と。
もう、世界がちが~う!

その中のイタリア人ファミリー。
10歳そこそこの娘さんが持っていたバッグは、
ヴィトンでした。
小さめサイズのハンドバッグはモノグラムに
イラストが描かれているもの。
やはり、こういう方が泊まるホテルなのね~。
[PR]
by emileee | 2011-08-05 06:16 | 行った