南仏暮らしの記録 


by emileee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

un repas excellent! コロブリエールでランチ


とても感じのよいスタッフに迎えられ入ったレストラン。
ちょっと狭いけれど、内装も rustique 古っぽくて居心地よい雰囲気!
早速テーブルに案内してもらってメニューをもらった。
a0087065_645595.jpg

ほほ~ぅ、2種類のメニュー(フランス語ではムニュ)があるのね。
ちなみに違うのはメインのチョイス。
当然30ユーロのムニュに決定!

と、その前に食前酒・・・
a0087065_6493093.jpg

下戸なのに夫にそそのかされて注文した栗風味のキルシュ。
ほのかな栗の風味がおいし~♪
ただし、下戸なので半分飲んだところで空きっ腹だったこともありギブアップ。

前菜はテリーヌを。
a0087065_6511885.jpg

「豚、イノシシ、レバー・・・ 色んなものが入っていておすすめ!」
とサービスの女性が言ったとおり、すごくおいしかった~。
子供たちもパンと一緒にモリモリ。
コンソメゼリーもオリーブも見る見る間になくなってしまった。(笑)

メインは秋だからやっぱりジビエ(狩り料理っていうの?)に決まり!
私は鴨のセップソースがけ。
a0087065_6533559.jpg

もう、この鴨が全く臭みがない上、レアな焼き加減も最高で口のなかでとろけた。

夫はイノシシ。
a0087065_6554955.jpg

味見させてもらったら、これもまた全く臭みがなくって
ポークよりちょっと繊維が多いかな?という具合。
ベルが気に入って横取りして食べてました。
付け合せのじゃがいもグラタンとプロヴァンス風トマトのグリルも美味しくって
ものすごいボリュームなのに無理矢理完食。
結果、この日の夕飯はスキップ・・・

子供たちはムニュのメインからラザニアを単品で。
a0087065_6572268.jpg

「ラザニアなら二人で一つで充分よ~」というお姉さんの言葉にしたがい
一つを二人でシェアしたものの、半分食べてギブアップだった子供たち。
味見したら、こちらはフツウでした。

食後はお決まりのチーズ。
地元のシェーヴルなどがあったけれど、私は満腹で食べませんでした。
a0087065_731246.jpg

そして名前は忘れたけれど、これ!
a0087065_745414.jpg

これは昔の人の保存食で、色んな残り物のチーズを混ぜ、
にんにくやアルコールを加えたもの。
瓶を開けたらものすごい強烈なにおいが!!
味もものすごい強烈!! でした。

最後はデザート。
子供たちはマロンアイス。
a0087065_774397.jpg

とっても濃厚で甘くておいし~!
二人とも無言で食した。

夫はフロマージュブラン(脂肪分が多いヨーグルトのようなもの)とマロンクリーム。
a0087065_79376.jpg

「これだったら家で作れるんじゃ・・・?」
と思わず言ってしまったほどそのままズバリでした。

そして私はマロンクリームを使ったリンゴのタルト。
a0087065_711457.jpg

素朴なおいしさでした。
最後はコーヒーとキョーレツな食後酒で〆。

ホント、私は下戸なんですがこの日はなぜだか飲んでしまいました。
そんな気分になることってあるんですね。
日ごろ全く飲まないのに、不思議なものです。

家族四人、大満足のランチでした。

つづく・・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by emileee | 2009-11-15 06:43 | 行った