南仏暮らしの記録 


by emileee
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かわいい風景

車で5分とかからない隣町。
中世の街並みが残る、とてもステキで、大好きな場所です。
観光地なので、アートギャラリーやマルセイユ石鹸、ブティー、ラベンダーの雑貨などを扱うブティックなど色々とあって、歩いて回るだけでもとても楽しい。

a0087065_15271.jpg


こんなかわいい窓があるお家。我が家もこうしたい!


a0087065_141390.jpg


普通のドアなのに、絵になる。


a0087065_174882.jpg


プラタナス並木。
って、3本だけですが。
なにせ、小さい町なので。。。


a0087065_1121110.jpg


山の斜面にある町なので、景色もこんなかんじ。
海もみえてます。


a0087065_1133978.jpg



で、その後、↑の写真で見えているビーチにも行ってみたのですが、
寒い上に風が強くて、30分で引き上げました。
ベルとアリエルは子犬のように砂浜を走り回って冷たい水もなんのその!で、大はしゃぎでしたが。。。 でも、となりを見るとまだビキニで泳いでいる同じ年頃の女の子もいるではありませんか~!
おそるべし、白人。。。
[PR]
by emileee | 2007-09-30 13:00 | 行った

限定品

ファーストフード、Quickでこんなもの発見!
ラグビーワールドカップと協賛しているのか、
その名もアネルカバーガー と ミシャラクバーガー。
a0087065_54887.jpg

サインが微妙~。
味はアネルカに軍配が上がりました。
今回はラグビー、いい線行くといいのですが、、、

他、スーパーでムール貝を2キロ購入。
すでに砂抜きし、汚れも取ってあったので調理もラクラクでした。
でも、やっぱり外で食べるのがおいしいな~。
[PR]
by emileee | 2007-09-26 05:43 | 食べた

幼稚園デビュー

長女、ベルは今月から幼稚園生活がスタート。
小さな町の公立幼稚園に通っています。
担任は園長先生。
クラスは年少(プチセクション)と年中(モワイエンセクション)の混合です。

ベルは日本でも学校生活の経験はありませんでした。
本当は来年4月から2年保育の幼稚園に入れるつもりでいたのですが、その前に渡仏が決定したためです。
ところが、フランスは学年分けが日本とは違い、3歳になる年の1月~12月生まれの子たちが同学年となるため、2003年生まれのベルはいきなりの年中スタート。
12月生まれの彼女は、クラスでも一番のチビ。
クラスメートはすでに一年間、幼稚園生活を経験しているわけですから、集団生活も慣れたもの。
学校がどういう場所か、ということもきちんと理解していますが、ベルの場合はすべてがゼロスタート。フランス語もゼロからのスタートなので、新学期開始からすでに数週間経ちましたが、登園のある日は毎晩夜泣きです。(涙)
なんとか早く言葉も習得できるように親としても出来る限りのことは家でしていますが、そう簡単に話せるようになるはずもないので、とりあえず3ヶ月は様子見です。

と思いきや、来週から週一回、学校でフランス語の先生をつけてくれることになりました。
きちんとフォローしてくれる学校でよかった、と安堵しています。
というのも、フランスの学校(幼稚園含む)は大変厳しく、幼稚園ですら退学処分あり、小学校入学の際も、出来が悪ければ幼稚園留年ということもあるというのですから、親としては内心ヒヤヒヤものです。
朝、昼(昼食は家でとる)、夕方のお迎えの時には積極的に先生に、様子はどうだったか、など言葉を交わすようにして、とにかくコミュニケーションをとるようにしています。

なにはともあれ、始まったばかりの学校生活。
色々と問題はありますが、先生と協力して乗り越えていけたら、と思っています。

幼稚園初日はドゥドゥと一緒に家族で登校しました。
今ではお友達もできたらしく、いつもセバスチャン、エステバン、リュック(みんな男の子)の話ばかりしています。楽しく通えているだけでも御の字でしょうか?
ベルは登園を嫌がって泣いたりしないので、親としても気持ちが楽です。
a0087065_21453822.jpg
[PR]
by emileee | 2007-09-21 21:57 | 娘たち
6月初めに来仏し、しばらくは家族でホテル暮らし。
夫の勤務先のある町のプール付のホテルアパート。
まだヴァカンス突入前の時期だったのですが、それなりに客室は埋まっていたし、
お天気も良かったので娘たちと海岸沿いを散歩し、プールに入る日々でした。

と同時に家探しも開始。
そして、その他諸手続きも開始。
悪評高き(?)マルセイユの県庁で滞在許可証の申請などをしなくては
ならない・・・ と思っていたのですが、幸い夫の勤務先からPWSを紹介してもらいました。
Provence Welcome Service(略してPWS)は外国人に必要な滞在許可証の申請や受理の代行をする会社で、英語、仏語、オランダ語のできるスタッフがいます。
費用は2500ユーロ程度必要ですが、我が家の場合は夫の勤務先でカバーしてくれました。
夫の勤務先はPWSと契約をしていますが、企業に寄ってはPWS以外の同じような会社と契約が交わされていたりすることもあるようです。
それだけ需要があるサービス、ということなんでしょうね。

PWSのおかげで、今回、滞在許可証の手続きに関しては私たちが直接県庁に出頭することなく、マルセイユにて健康診断を受け(このランデブーもPWSがとり、当日は付き添いもしてくれた)、必要書類をそろえるだけで滞在許可証を取得することができました。(我々のフランス滞在が今回2度目ということも手続きがスムーズに運んだ理由かもしれませんので、あくまで一例です。)県庁で早朝から行列することもなかったので、小さな子供がいる我々にとっては、これは本当に助かりました。

PWSではその他、家探し、入居に際しての状況確認(エタ・ド・リュー)の立会いなども、希望すればしてくれます。(別予算)
希望の条件(地域、予算、広さ、間取りなど)を提示し、それを元にPWSで各不動産屋に電話をかけ、希望に合う物件があればランデブーを取り、我々の場合は一日かけて10件の物件を見て回りました。
これは小さい子連れにはかなり過酷でした。
が、個人ではここまでランデブーとスケジュール管理はできません。
時間刻みできちんとスケジュールが組まれていたおかげで、多くの物件を効率よく回ることができました。
しかし残念ながら我々はPWSに紹介してもらった物件とは縁がありませんでした。
その後は自分たちでネットで調べたり、チラシを貰ってきたり、不動産屋に直接電話して物件を探しました。
結局、20件弱見た一番最後の物件に決まり、入居できたのは渡仏から2ヶ月経った8月2日でした。

根気良く探し続けた結果、とても気に入った町と環境にあった物件なので、夫ともども大満足しています。(^^)
a0087065_221909.jpg

庭で遊ぶ娘たち。
[PR]
by emileee | 2007-09-18 22:27 | その他

Coiffure (ヘアサロン)

美容院に行ってきました~。
美容院といえば日本では癒される場所として認識されているけれど、
癒されるどころか、突っ込みどころ満載でした!(笑)

予約の時間に到着すると、店内には3人のおばあちゃんが。。。
入店するなり一斉にこちらを振り向いて凝視。
コレと言った産業がない、人口5000人のこの町ではアジア人ってめずらしいもんな。

「とりあえずシャンプーするから、こちらにどうぞ~」
と美容師のお姉さん。
ほぼ直角の椅子に座ってシャンプーでした!
でも、上手く出来ていて別に顔に水がかかったりすることはなく、、、
 そしてシャンプーを頭のてっぺんにチューッと出して、ごしごし指の腹で刷り込む感じ。

物足りない~

日本の美容院みたいにゴシゴシキュッキュは洗ってくれませんでした。
物足りないシャンプーを2度してもらった後はカットするために鏡の前の椅子に移動。
「長さを10センチ切って、毛先を少しシャギーにしてください」
と言ったら、お姉さんが雑誌を持ってきて確認。

「じゃ、立って」

へっ?

と言われるがままに起立。気をつけ!の姿勢でジョキジョキ大まかに髪をカットするお姉さん。
日本の美容院のように上下できる椅子ではないので、ロングだと起立してカットする、ということのようだ。(笑)
さ、10センチ切り落としたあとは座って長さを調整。
でも、私がみても左右のながさがビミョ~に違う。
しかししきりにお姉さんが

「きれいな髪ね~」
「いつも結んでるの?もったいないわよ、こんなにきれいな髪をしているのに」

と執拗に言ってくるので金髪になりたい日本人の話で盛り上がる。(笑)

まぁ、仕上がりはともかく、面白い体験でした。

次回は別のところを開拓するかな。。
[PR]
by emileee | 2007-09-15 16:13

引越し完了

9ヶ月ぶりの更新となってしまった。。。


8月2日、2ヶ月に及ぶホテル住まいに別れを告げ、アパートに入居。
希望通り、小さな町の庭付きアパートが見つかって満足している。

a0087065_2241968.jpg

プロヴァンスでの生活はようやくスタート。
9月4日からはベル(長女)も幼稚園に行き始めたので、規則正しい生活の開始である。
初日から登園時には泣くこともなく、初めての幼稚園生活なのに頼もしい。
あとは少しずつフランス語も話せるようになるといいのだが、これは焦らずゆっくりでいい。

アリエル(次女)は姉不在の初日こそはどうしてよいかわからない風だったが、今日になったら絶好調でおもちゃもママも独占状態。
これからは私も時間をやりくりして、趣味を開始したいものだ。
[PR]
by emileee | 2007-09-06 22:42 | 最近