南仏暮らしの記録 


by emileee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

金曜日はマルシェの日



私の住む町のマルシェは金曜日にやってくる。
夏のヴァカンスシーズンに入り、観光客がドッと増えて物価は上がるし、
混むしでいいことないけど、とりあえず愉快な仲間たちとカフェで
待ち合わせするので出かけてみる。

みんなが来るまで空を見上げてみる。
飛行機雲!
a0087065_0284946.jpg



市役所の建物、ずいぶんきれいになったなー。
「最近毎年外壁のお掃除してるよねー、もっと教育にお金をかけてよ」
とはPTA会長の友人の言葉。(笑)

自由、平等、博愛ねー。
a0087065_0304862.jpg





結局今日は3組集まり、大所帯。
おしゃべりも盛り上がって気がつけば3杯も飲んでた・・・
暑いので水分補給は必須です。

友達の姪っ子にイジられるティアナ。
a0087065_0323672.jpg



わはは!
[PR]
# by emileee | 2011-08-09 00:21 | 日々

三女 la troisieme



我が家の三姉妹、それぞれ性格が違って面白い。
7歳、5歳、10ヶ月。
意外と三女は長女と仲が良く(なんでだ?)顔を見るだけで
ケタケタ笑ったりする。普通の顔してるときでもね。

これは次女が三女にお絵かきを教えてあげているところ。
a0087065_019748.jpg



でもペンでもなんでもすぐにお口に持っていっちゃうのはしょうがないね。
まだ1歳にもなっていないんだもの。
[PR]
# by emileee | 2011-08-08 00:16 | ティアナ


ある日曜の午後、Abbaye du Thoronetへ。

a0087065_7382624.jpg




何の予習もなく訪れたのですが、ものすごく辺鄙な場所にあり、
運転しながら
「昔の人はどうやってここまで来たんだろうか~?」
なんて考えてしまいました。
まぁ、そういう場所にこそ修道院を造ったのでしょうけれど。

パーキングに車を止め、いざ!
a0087065_7291917.jpg



個人的な印象ですが、建物はかなり修復されており、キレイだったのが少し残念でした。
でも、この日はチャペルでコンサートがあり、リハーサルで素晴らしい歌声を聴くことができ、
家族一同感激しました。

回廊。
a0087065_7315462.jpg



光の差し込み方がキレイ~。
a0087065_7323845.jpg



ね、新しい。
a0087065_733744.jpg




アーチ部分のみを残して天井が崩れてしまっているお部屋もありました。
娘たちはそれを見て
「あれ、どうやってあの形に作ったのかねー?」
と素朴な疑問を口にしていたので、展示を見ながら説明。
わかったかなー?

だだっ広い敷地にどーんと教会があり、他には寝場所や菜園の跡が。
噴水の水も枯れることなくポタポタ・・・
a0087065_7385874.jpg



水のあるところにアメンボがいたので娘たちに
「これ、アメンボって言うのよ」
と教えたら
「えっ?あまえんぼう?」
ですって!(笑)


教会裏手に出ると建設に携わり、命を落とした方々の共同墓地が。
その隣にあった切り株。
a0087065_7375111.jpg



[PR]
# by emileee | 2011-08-07 07:25 | 行った

 ヴェルドン渓谷

9時半の予約でマノスクのロクシタン工場見学ツアーへ。
2週間前に行ったばかりなのに、またまたショップで石鹸など購入。

その後、義父の希望でVerdon渓谷へ。
途中通ったValensoleのラベンダー畑は収穫が終わり、
寂しい雰囲気。
a0087065_55334.jpg



となりのひまわりも頭をたれ、子供達にどうしてか説明。
「2週間でこんなに景色が変わるのね~」
と子供達も興味津々でした。

その後はVerdon渓谷目指してドライブ。
途中、ムスチエ サントマリー という小さな村に寄り道。
a0087065_573854.jpg



崖の間にかかる星が目印の小さな村。
この星はその昔、十字軍遠征から兵士が無事帰還したときに掲げられたもの。
落下すると、そのたびに新しいものをかけているんですって。

この崖の斜面に礼拝堂があり、全員で登って見学。
斜面からの景色。
a0087065_592810.jpg



かなりの段数の階段をゆっくり登り、礼拝堂ではいつものように蝋燭を灯した。
記念に記帳をしたらアリエルもやってきて天国の父(ジィジ)にメッセージを書いて・・・
その内容に感動してしまい、思わずパチリ。
娘たち、ジィジはもうこの世にはいないということを理解してるんだね。
5歳のときのこのメッセージ、大きくなっても覚えているかな?

この村、ムスチエ焼きという陶器で有名な町です。
元々はブルターニュのカンペール焼きと似たような感じで
絵が描いてあるものがオリジナル。けれど、ふと見たショーウィンドーに
置いてあったアスティエ ド ヴィラット風のお皿がとても素敵で
丸い大皿を一枚購入。
買ったお店のマダムに
「あなた、色のついたものは好きじゃないの?」
と聞かれたことからお皿談義。(笑)
「冬になったらまた新しいものが出てくるからいらっしゃい!」
と言われた。そうだよね、夏は釜に火をいれないよね。

村を散策し、カフェでお茶してから再度車に乗り込み、
この景色を見ながらドライブ。
a0087065_5174257.jpg



水の色がきれい!

一日かけてフランスのグランドキャニヨン、ヴェルドン渓谷をドライブ。
お天気にも恵まれ、行ってよかったです♪
[PR]
# by emileee | 2011-08-06 05:02 | 行った


去年も参加した 14 Juilletのイベント、提灯行列。
今年は我が家の裏手からスタートでした。

開始時刻の21時半に出てみると、人もまばら。
でもこんなオルゴールまわし(?)のおじさんがいて、
アリエルと義母(!)はぐるぐるとオルゴールを回せてもらった。

a0087065_23581022.jpg



結構力がないと間延びした音楽になってズッコケそう・・・
大人でもかなり力いっぱい回さないと普通のペースにならないそうです。
義母がまわしているときはおじさんも美声を披露してくれ、拍手喝采。(笑)

町の警察官が大道芸人に扮し、いろんなパフォーマンスをしていて
娘たちも
「あ、あの人ポリスだ~」(登下校時に横断歩道で誘導してくれるので顔見知り)
なんていいながら提灯をもらい、
a0087065_075856.jpg



市長の到着を待って市役所前広場へ向けて行進開始!

広場につくと友達、Isabelle親子にバッタリ。
ちょうどカフェのテーブルが空いたのでみんなで座り、
一杯飲みながらレーザーショーと火を使ったパフォーマンスを観賞。
a0087065_095289.jpg



音楽はノリノリの60’s~80’sに会わせて、ショボイレーザーショーは
30分ほど続いたか?
その後は午前2時までディスコナイト。
子供達も交えて Isabelle と一緒にノリノリで踊り、子供達が立っていられないくらい、
目が開いていられないくらい眠くなってきたところで帰宅。

いや~、楽しかった~!
[PR]
# by emileee | 2011-08-05 22:43 | フランス色々